Bmaps運営担当が選ぶ、オススメのバリアフリースポット!  動物園編

2020.06.05

カテゴリ

こんにちは。最近、SNSで動物の動画を見て癒やされているBmaps運営担当の西岡です。

今回は、『Bmaps運営担当が選ぶ、オススメのバリアフリースポット!』の第二弾として、動物園を紹介します!

※第一弾は、コチラから確認できます。

STAY HOME期間の休日は、動物園にいるナマケモノのように家でのんびり過ごし、「外に遊びに行きたいな。」と思っていた方もいたのではないでしょうか。全国的な緊急事態宣言解除後、東京では東京アラートが発動され、警戒態勢が続きますが、本記事を参考に、新型コロナウイルス収束後のお出かけスポット探しをしてみてください!

 

●安心して楽しめる

・サービスを受ける際に、障害による制限をあまり感じることなく、安心して楽しめる!

●お得に楽しめる

・お出かけの際に気になる出費...なるべくお金をかけず、お得に楽しめる!

以上の観点から、オススメの動物園を3つ選定しました!

上野動物園

 

東京・上野にある来場者数全国ナンバー1の動物園です。都心部にありながら、自然の景観を残した都市型の動物園で、ジャイアントパンダが飼育されていることで有名です!

公式サイトはコチラ

※2020年6月5日(金)現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のさらなる感染拡大防止のため、臨時休園中

 

井の頭自然文化園

東京・武蔵野市、井の頭公園の一角にある動物園です。「動物園(本園)」と、「水生物園(分園)」に分かれており、あわせて170種を超える動物を飼育しています。

公式サイトはコチラ

 

③神戸どうぶつ王国

兵庫県・神戸市にある全天候対応型の動物園で、屋内のインサイドパークと屋外のアウトサイドパークに分かれています。動物とのふれあいやパフォーマンスも魅力です!

公式サイトはコチラ

●魅力その1 安心して 楽しめる

まず、安心して楽しめるという観点から、3つの動物園の魅力に迫ります。

バリアフリー設備が整っていて安心して楽しめるかどうかは、お出かけの際の一つの大きな基準になります。例えば動物園では、地面がフラットであるか、敷地内に車いすトイレはいくつあるか、どこにあるかは、大きな関心事ですよね。そこで、3つの動物園のバリアフリー情報をまとめました。

①上野動物園

入口の段差:0段
施設設備の特徴:フラット、広い、明るい、エレベーター、車いす対応トイレ、オストメイト対応トイレ、授乳室、ほじょ犬対応、禁煙・分煙

段差
0段(スロープ)
設備
  • フラット
  • 広い
  • 明るい
  • エレベーター
  • 車いす対応トイレ
  • オストメイト対応トイレ
  • 授乳室
  • ほじょ犬対応
  • 禁煙・分煙

②井の頭自然文化園

入口の段差:0段
施設設備の特徴:広い、明るい、車いす対応トイレ、オストメイト対応トイレ、授乳室、ほじょ犬対応、禁煙・分煙

段差
0段(スロープ)
設備
  • 広い
  • 明るい
  • 車いす対応トイレ
  • オストメイト対応トイレ
  • 授乳室
  • ほじょ犬対応
  • 禁煙・分煙

③神戸どうぶつ王国

入口の段差:0段
施設設備の特徴:フラット、広い、明るい、一般駐車場、優先駐車場、車いす対応トイレ、授乳室

段差
0段(スロープ)
設備
  • フラット
  • 広い
  • 明るい
  • 一般駐車場
  • 優先駐車場
  • 車いす対応トイレ
  • 授乳室

 

以上の3つの動物園では、車いすの貸し出しも行っています。必要に応じてご利用ください。

【要チェック】園内マップを確認して、動物園散策

◇動物園は、敷地が広く、移動に時間がかかることが多いです。そのため、車いすを利用されている方や体調に不安のある方は、車いす対応トイレや救護室の場所を、予め園内マップでご確認ください。

また、上野動物園はWeb上でバリアフリーマップを公開しています。コチラからご確認ください。

 

●魅力その2 お得に 楽しめる

続いて、お得にという観点から、3つの動物園の魅力に迫ります。

少しでもお得に動物園へ行きたい方は、ぜひ障害者割引をご活用ください。入場料を抑えることで、お土産の購入やお食事をさらに楽しめます!どのくらい割引されるのかを知った上で、お出かけの候補を探すのもオススメです♪

※障害者割引

障害者手帳(障害がある方に都道府県知事らが交付する手帳)を提示することで、税金の減免や公共料金の割引などが受けられる制度のこと。また、民間企業のサービスは事業者の判断で行われ、割引の内容はさまざま。

今回取り上げた3つの動物園では、以下のとおり障害害者割引が導入されています。

①上野動物園

障害者手帳(身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳)所持のご本人及び付き添いの方原則1名、合計2名様まで無料

②井の頭自然文化園

障害者手帳(身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳)所持のご本人及び付き添いの方原則1名、合計2名様まで無料

③神戸どうぶつ王国

障害者手帳(身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳)所持のご本人及び付き添いの方1名、合計2名様まで半額

【割引後料金 大人(中学生以上)900円、小学生500円、幼児(4・5歳)150円、シルバー(満65歳以上)650円】

なお3つの動物園以外にも、障害者割引が行われている動物園はたくさんあります。お出かけ前にホームページ等のチェックをオススメします!

 

ミライロIDを使って動物園に行く

最後に、障害者割引を受けるときに役立つアプリ、ミライロIDを紹介します。

ミライロIDは、障害者手帳をアプリで管理できるようにしたものです。カバンや財布から取り出していた障害者手帳を、スマホでパッと提示できます。また、ミライロIDアプリには、必要なサポート内容を登録することもできるため、アプリ画面を介してスムーズに情報伝達することができます。

今回紹介した動物園の中では、神戸どうぶつ王国で利用することができます!

動物園をより便利に利用するために、是非この期間にインストールしておいてください。       

 

そして、動物園を訪れた際には、Bmapsの投稿もよろしくお願いします!

人気記事